Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、顧客情報を含む業務ファイルがWinny流出

NTTコミュニケーションズは、顧客情報48件を含む業務用データがWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出していたのは、同社社員および販売業務委託先の元社員が作成した業務用データ。法人顧客の会社名と担当者氏名48件が含まれていた。一部には会社所在地、連絡先電話番号、メールアドレスなども含まれるという。

同社では該当する顧客に対し、個別に説明と謝罪をしている。同社では、ファイル交換ソフトを従来より使用禁止にしていたが、今回の事件が発生した。同社では再度、徹底を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2006/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か