Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

簡保契約者リスト紛失の可能性 - 滋賀県内の郵便局

滋賀県の水口郵便局が1998年から1999年にかけて作成した簡易保険の一部顧客リストが外部に漏れた形跡があることがわかった。

外部に流出した可能性がある書類は、簡易保険の「既契約お客様リスト」計4枚で、200契約分の顧客情報が記載されている。契約者の氏名、住所、および被保険者の氏名、生年月日、性別、保険証書記号番号、保険種類、保険金額などが含まれているという。

7月23日に、同支社の保険事業部長宛てに同リストを封入した差出人不明の郵便物が送られたことで判明。その後同様の郵便物が2回に渡って送られた。

日本郵政公社が調査を行ったところ、1998年および1999年当時に同リストを紛失していた可能性が高いことがわかったが、さらに当時同郵便局が受け付けたすべての契約情報を紛失した可能性もあるという。

同社では該当する顧客に対して直接謝罪と説明をするとともに、問い合わせ電話を設置して対応する。また、詳細解明に向けて引き続き調査を続行するとしている。

(Security NEXT - 2006/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大