Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマト運輸、オークション落札後の取引を匿名で行えるサービスを開始

ヤマト運輸は、ネットオークションで落札した商品の受け渡しや決済などを匿名で行えるサービス「オークション宅急便」を11月中旬より開始する。

同サービスは、ネットオークションの出品者、落札者がお互いに個人情報を開示せず、同社を通じて商品の受け渡しや決済を行えるもの。出品者と落札者が同社のホームページに登録して利用する。

落札後、出品者がホームページ上に金額や商品名を入力。落札者が確認後、代金がいったん同社に引き落とされる。商品の到着後、落札者は中身を確認し、万が一問題があった場合には商品を返却でき、代金も返金される。

これにより、互いに個人情報を開示せず取引できるとともに、商品の未送付や誤送付といったトラブルを回避することができる。当初はネットバンキング利用者のみのサービスとなり、2007年1月からはクレジットカードと代金引換へ対応する予定。

(Security NEXT - 2006/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業