Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アライドテレシス、ファームウェアのバージョンアップでスイッチのセキュリティを強化

アライドテレシスは、同社スイッチ「CentreCOM 8300/8400シリーズ」向けファームウェアをバージョンアップし、セキュリティ機能を強化した。

同ファームウェアは、同社ホームページよりダウンロード可能。また、同ファームウェアをプリインストールした製品の出荷も第4四半期より開始する予定。

最新版となる「V.2.7.3」では、認証機能が強化されており、MD5/OTPにくわえてあらたにTLSのサポート。MACアドレスベースの認証やダイナミックVLANへの対応、Multiple AuthenticationのSupplicant数の追加などを実現した。

Remote Security Officerと RADIUSの併用が可能となったほか、SNMPv3機能の追加など管理機能や、スイッチング機能なども強化されている。

(Security NEXT - 2006/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生