Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弥生の顧客情報漏洩事件、依然流出経路特定できず

弥生は、2006年7月に発生した顧客情報漏洩事件の原因調査について経過を公表した。

同事件は、会計ソフト「弥生」シリーズのユーザー16万4304名分の顧客情報が流出したもの。同社では、顧客情報へアクセスできた社員17名に対し、ヒアリング調査などを実施したという。

また、全社員のメール送信履歴やPC操作ログを分析したほか、ダイレクトメール発送やテレマーケティングなどの業務委託先のセキュリティ状況を確認。しかしながら、依然流出経路が特定できていないという。

同社では、全社員のPCにおけるアクセスログの解析や保存データの調査を実施しており、調査結果が明らかになり次第、報告したいとしている。

(Security NEXT - 2006/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院