Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弥生の顧客情報漏洩事件、依然流出経路特定できず

弥生は、2006年7月に発生した顧客情報漏洩事件の原因調査について経過を公表した。

同事件は、会計ソフト「弥生」シリーズのユーザー16万4304名分の顧客情報が流出したもの。同社では、顧客情報へアクセスできた社員17名に対し、ヒアリング調査などを実施したという。

また、全社員のメール送信履歴やPC操作ログを分析したほか、ダイレクトメール発送やテレマーケティングなどの業務委託先のセキュリティ状況を確認。しかしながら、依然流出経路が特定できていないという。

同社では、全社員のPCにおけるアクセスログの解析や保存データの調査を実施しており、調査結果が明らかになり次第、報告したいとしている。

(Security NEXT - 2006/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送