Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウェブアクセス制限必要」と考えるシステム管理者は67% - ネットスター調査

ネットスターは、システム管理者を対象に組織でのインターネット管理実態や問題意識に関するアンケートを実施し、「組織でのインターネット管理実態調査」として発表した。調査は、インターネットを通じて実施された。有効回答数は514件。

調査によれば、システム管理者の67%がウェブアクセス管理を必要と回答した。必要とする理由としては、ウイルスやスパイウェアの侵入経路として懸念する声が目立ち、77.8%を占めた。また、ブログや掲示板、SNSへのアクセス、ウェブメール経由の漏洩を心配する声も43%と高かった。

ウェブアクセスの管理を実施している企業は56%で、大企業ほど対策が進んでいるという。しかしながら、独自でプロクシやキャッシュに登録するなど、専用製品を活用せず手作業に頼る管理者が多いこともわかったという。

(Security NEXT - 2006/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生