Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、運用サービスとシスコのアプライアンスを組み合わせた新メニュー

ラックは、同社セキュリティ運用監視新サービスとシスコシステムズのセキュリティアプライアンスを組み合わせたサービスを9月1日より提供を開始する。

同サービスは、シスコシステムズのセキュリティアプライアンス「Cisco ASA 5500シリーズ」に同社のセキュリティ運用監視新サービス「UTM24+」を組み合わせたもの。中堅や中小企業をターゲットとし、アウトソーシングサービスとして提供する。

同サービスは、同社が24時間体制で提供しているオペレーションセンター「Japan Security Operation Center」のサービスメニューとして追加。ファイアウォールやIPS、セキュリティ監視、運用管理など必要に応じて選択できる。

(Security NEXT - 2006/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP