Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シュレッダーによる幼児の指切断 - 経産省が業界団体に再発防止策の検討を要請

経済産業省は、家庭用の紙用シュレッダーによる幼児の指切断事故が発生していることから、ビジネス機械・情報システム産業協会と全日本文具協会に対して、同様の事故が発生しないよう注意喚起や再発防止対策を検討するよう要請した。

問題となった事故は、2006年3月と7月に発生。アイリスオーヤマやカール事務器が販売する家庭用シュレッダーに幼児が指を挿入し、切断されたという。問題となったシュレッダーは、紙を挿入する部分が広く、幼児の指が入る広さだった。子供の近くで利用しないことなど本体や説明書に注意表示はあったという。

2005年4月に個人情報保護法が施行されたのを前後に、機密書類の処理を目的とした紙用シュレッダーの市場は急速に拡大した。最近では、業務用だけでなく、家庭でも幅広く利用されている。他メーカーの製品なども広く流通していることから、事態を重く見た同省では、同様の事故を防止するために通達した。

(Security NEXT - 2006/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - WS 2003が送信元か
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ