Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本エフ・セキュア、「Active! hunter 2.0」にウイルススキャンエンジンを提供

日本エフ・セキュアは、トランスウエアのアンチスパム製品「Active! hunter 2.0」のオプションにウイルススキャンエンジンを提供する。

「Active! hunter 2.0」は、迷惑メール学習エンジン「SVM」や多重化されたフィルタを搭載する国内向けのアンチスパム製品。ゲートウェイタイプで、9月出荷を予定している。

同社がオプションとして「F-Secure アンチウィルス」を提供することで、ウィルス検査機能を実現。ウィルス定義ファイルは、最大1日2回更新され、毎時間ごとに最新版の定義ファイルがないか自動的に確認し、最新の状態を保つとしている。

(Security NEXT - 2006/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON