Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ぐんま信金、顧客情報32件が記録されたFDを誤廃棄か

ぐんま信用金庫は、東前橋支店において、顧客32名分の個人情報が記録されたフロッピーディスク1枚を紛失した。誤廃棄の可能性が高いとしている。

所在不明となっているフロッピーディスクは、融資先企業の財務情報を一時的に記録するためのもので、関連する32名分の氏名、住所、生年月日などの個人情報が記録されていた。5月29日に自主点検を行った際、紛失していることが判明。捜索したが発見できず、外部に持ち出した形跡がなく、誤って破棄した可能性が高いとしている。

同金庫では、該当する顧客に対し個別に訪問して説明と謝罪をした。今後は記録媒体の管理方法を強化するとともに、暗号化ソフトの導入などを実施して個人情報の保護に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集