Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を置き引きで持ち去られる - 大阪の冠婚葬祭事業者

京阪互助センターは、置き引き被害に遭い、顧客情報が記載されたノートを持ち去られたと発表した。

8月9日に、同社の淀川営業所の従業員が置き引きに遭い、顧客管理ノートが盗まれたもの。自転車のかご入れたまま離れた隙に持ち去られたという。

同ノートには顧客68世帯分の氏名、住所、電話番号、入会日、契約種別などが記載されていた。そのうち2名は口座番号も含まれるという。該当する顧客に対し直接訪問して謝罪した。

同社では、7月16日にも代理店の従業員が車上荒らしに遭い、50世帯分の氏名、住所、電話番号、入会日、契約種別、初回金額などが記載されていた顧客管理ノートが盗まれている。

同社では、個人情報の車内放置禁止など、外出先での保管ルールを指導徹底して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク