Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西、「Web Caster X310」のセキュリティ機能に不具合

NTT東西は、セキュリティ機能搭載ルータ「Web Caster X310」のセキュリティ機能に不具合があることがわかったとして、ソフトウェアのバージョンアップを実施する。

今回判明した不具合は、同製品を一定期間連続して使用すると、「フレッツ・セーフティ」のセキュリティ対策ファイルが更新できなくなるというもの。また、NTT東日本が提供するセキュリティ復旧サービス「フレッツ・レスキュー」についても、セキュリティ状況の送信ができなくなる不具合が発生する。8月15日の時点でNTT東西あわせて398件の不具合が報告されているという。

両社は、顧客に対して事情を説明するダイレクトメールを送付。また、8月16日から順次アップデートを促すアナウンスをユーザーの画面上へ表示するとしている。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2006/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ