Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、「有害サイトアクセス制限サービスPRキャンペーン」に協力

ネットスターは、電気通信事業者協会が進めている「有害サイトアクセス制限サービスPRキャンペーン」に協力すると発表した。

同キャンペーンは、出会い系サイトや悪質サイトから子供を守ることを目的とした啓発キャンペーン。同社では、電気通信事業者協会の展開するキャンペーン告知ページを自社サイト上へ掲載するなど、キャンペーンを展開する。

同社では、今回のリリースに合わせ、悪質サイトに関する調査を実施し、悪質サイトの7割が携帯端末向けに作成されていたことがわかったという。

(Security NEXT - 2006/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か