Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第2四半期のネットバンク不正被害額は1000万円 - 全銀協調査

全国銀行協会は、2006年4月から6月の間に発生した預金の不正引出しに関する調査を実施し、その結果を公表した。

2006年4月から6月の間に発生した預金の不正引出しについて、同協会の正会員および準会員である184行を対象に調査を実施したもの。

インターネットバンキングを利用した不正引出しは3件で、被害金額は1000万円だった。件数は前回調査時より半減したが、一方で被害金額は倍増しており、1件当たりの被害が増加している。

盗難通帳による払い出し件数は49件で、被害金額は3700万円。件数は減少傾向にあるものの、前回調査時の41件より僅かに増加した。口座の不正利用に伴う利用停止は1万218件、強制解約は8149件だった。

偽造キャッシュカードによる預金の引出しは97件。被害金額は6500万円。件数は前回調査時より半減しており、金額に関しては3分の1に減少した。盗難キャッシュカードによる預金引出しは1250件で、被害金額は5億9500万円。いずれも前回調査時より減少している。

(Security NEXT - 2006/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大