Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話の電話帳管理を行うASP「KCSセキュア電話帳」

兼松コミュニケーションズは、携帯電話の電話帳をサーバで管理するサービス「KCSセキュア電話帳」を8月11日より提供開始する。

同サービスは、電話帳をインターネット上のサーバへ保存することで、携帯電話紛失時などの情報漏洩を防止するソリューション。対応キャリアは、NTTドコモ、au、ボーダフォン、ウィルコム。携帯端末のブラウザ機能から利用できる。また、NTTドコモ向けには、iアプリを用意した。

電話帳へのアクセスは、SSLを利用し、無操作の状態が一定時間経つとログアウトする機能を搭載した。またiアプリ版では、指紋認証や電話帳のダウンロード、ダウンロードした電話帳の強制削除機能などを備えている。

(Security NEXT - 2006/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多