Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文書処理課程を画像で記録するセキュリティシステム - ナカバヤシ

ナカバヤシは、機密文書処理代行サービス向けに車載式画像監視システム「セキュリティトレーサー NST-40」を提供すると発表した。価格は79万円。

同サービスは、出張型の処理サービスにおいて文書の裁断やリサイクルの過程を動画として記録することでセキュリティを向上させるシステム。

4台のカメラとGPS、画像記録装置で構成され、作業者、荷下ろし課程、処理作業などを録画、画像はDVDなどで顧客に提出する。画像は複数の要素を同時に録画しており、画像の偽造は困難だという。

また、管理ソフトにより運転手へ省エネ運転や安全運転を指導する。同社では、8月中旬より、処理サービス事業者「パピルスネットワーク」会員へ先行して提供する見込み。

(Security NEXT - 2006/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正