Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR北海道、工事関係書類6件がWinny流出

JR北海道社員の私用パソコンがウイルス感染に感染し、工事関係書類がWinnyを介して流出したことが明らかとなった。

流出したのは、青函トンネル工務所管内の過去の道床交換工事に関する書類および見積査定書。2004年度の2件と2005年度2件が含まれる。また、2006年9月に発注予定である作成中の工事関係書類2件分も含まれていた。

8月1日に流出が判明し、その後の調査で、同社員がデータをUSBメモリに保存して持ち出していたことがわかった。USBメモリを個人のパソコンに接続したが、ウイルスに感染していたためにWinnyを介して流出したという。

同社では、流出した過去の情報については、今後の工事発注業務に影響を及ぼすことはないとしている。今後発注予定であった分については、工事計画の練り直しなどの対策を実施するという。

同社では、ファイル交換ソフトの使用禁止、業務データの持ち出し禁止、個人パソコンの業務利用禁止といった内規を徹底し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2006/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集