Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、フィルタリングソフト「InterSafe」のライセンス体系をリニューアル

アルプスシステムインテグレーションは、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe」のライセンス体系をリニューアルし、発売を開始する。

今回のリニューアルでは、3種類のライセンス体系を導入、同社ではユーザー拡大を目指す。10ユーザから導入できる中小企業を対象とした「同Value Edition」や、持ち出しPCへ対応する「同Mobile Edition」を用意。

さらに高機能でフラッグシップモデルとなる「同Standard Edition」では、1日3回のデータ更新を実現。グループごとの管理や複数サーバの一括管理などに対応する。

(Security NEXT - 2006/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多