Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームオン、顧客情報流出事件を受けマザーズ上場を中止

ゲームオンは、顧客情報の流出事件が発生したことを受け、8月9日に予定していた東証マザーズ市場への上場を中止した。

今回の事故は、同社が運営する「ジーパラドットコム」の会員情報がメールを送信する際に他ユーザーの登録情報などが流出したもの。同社では、事故内容の確認や投資家に対する周知徹底が必要とし、7月31日に開催された取締役会で中止を決定したという。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
耐熱ガラス製品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報やPWが流出か
「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
委託先に標的型攻撃、電気通信設備の資料が流出か - 国交省
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通