Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PNC、Winnyの利用状況などを報告する企業ネットワーク診断サービス

プロフェッショナル・ネットワーク・コンサルティングは、企業ネットワークにおけるP2Pソフトやチャットなどの利用状況を診断する「PNC ネットワーク診断サービス」の提供を開始した。価格は9万8000円から。

同サービスでは、企業のゲートウェイに機器を設置した上でインターネット回線をモニターし、利用状況を診断するもの。WinnyやShareといったP2Pソフト、チャット、オンラインゲームなど、セキュリティ上問題があるアプリケーションや業務の効率を悪化させるアプリケーションによる通信を検出して報告する。

モニター期間は72時間で、診断終了後、同社の専門スタッフが調査ログを持ち帰って解析し、解析報告書とネットワーク診断書を作成、報告会を実施する。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース