Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2つのウイルス対策エンジンで高い検知率を実現 - アイフォー

アイフォーは、アンチウイルスソフト 「G DATA アンチウイルスキット 2007」、および統合セキュリティソフト 「G DATA インターネットセキュリティー 2007」を、 9月15日より発売する。

「G DATA アンチウイルスキット 2007」、は、独G DATA Software AGが開発したウイルス対策ソフト。「Kaspersky」と「avast!」の2つのウイルス対策エンジンを搭載したダブルスキャンにより、高いウイルス検知率を実現した。

また、G DATAのセキュリティセンターがウイルスらしきプログラムを発見したらパソコンに通知し、疑わしいファイルを隔離してパソコンを守る「アウトブレークシールド」機能も装備された。これにより、新種ウイルスの発見から最短30秒で対処することができるという。さらに、Winnyの起動を阻止する機能やスパイウェア対策機能なども備えている。価格は9240円。

「G DATA インターネットセキュリティー 2007」はこれらの機能にくわえ、不正アクセス防止や迷惑メール防止、フィッシング対策、URLフィルタリング、コンテンツブロックなどの諸機能を備えている。価格は1万1025円。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始