Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランコスモスが受託した企業の顧客情報がネット流出 - 元従業員パソコンから

トランスコスモスは、元従業員のパソコンに保存されていた顧客情報がネットワーク上へ流出したと発表した。

同社の顧客情報や、同社が受託したコールセンター業務で扱った顧客情報6名分、同社業務関連情報などが流出したもので、7月19日に発覚したもの。元従業員のパソコンへウイルス感染により流出したと見られているが、同社では詳細を調査中としている。元従業員は、コールセンター業務を担当していた。

同社では、流出した6名の顧客をはじめとする関係者に対して事情を説明し、謝罪した。また、監督官庁である経済産業省や東京労働局、情報サービス産業協会に事態を報告したという。

(Security NEXT - 2006/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意