Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要PCのデータ消去から売却、廃棄まで一貫サポート - オリックス環境ら

オリックス環境およびオリックス・レンテックは、不要パソコンのデータ消去から売却、廃棄、リサイクルまで処理まで一貫してサポートする「HDDデータ消去サービス」の提供を開始した。

同サービスは、使用済みの不要パソコン内に残存しているデータを消去し、売却や廃棄、リサイクルるまでワンストップで提供するサービス。顧客が選択したパソコンの処理方法に基づいて、データ消去を行う。売却を希望する場合は、オリックス・レンテックが上書消去を行う。価格は1500円から2300円で、消去法により異なる。

また、廃棄希望の場合は、オリックス環境が磁気消去を行う。顧客の目の前で消去作業を行う「オンサイト作業」は1台につき3000円。出張費として別途1万5000円かかる。同社提携の倉庫内で作業を行う「倉庫作業」は2000円。廃棄処理費用は別途見積もりとなる。

(Security NEXT - 2006/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ