Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の不正アクセス事件を受けて改善策を発表 - ガンホー

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、同社元従業員による不正アクセス事件が発生したことを受け、改善策を発表した。

同社では、同社取締役社長を責任者とした社内プロジェクトを立ち上げ、再検証を実施。同社では、組織面や人的面、技術面、運用面などの強化対策を実施する。

具体的には、社内対策委員会の設置や社員へのヒアリング、社内座席レイアウトを変更により見通しを確保などを実施した。さらに、監査部門の設置や社外有識者による外部諮問委員会の設置などを予定している。

また、データアクセス業務と他業務の分離や、従来のアクセス方法の廃止、アクセス権限の制限や認証の強化、ログの記録方式の改善などを進める。そのほか、監視カメラや利用追跡システムによる監視の強化、社内教育や業務用ツール操作時における第三者の立会いといった人的安全対策の実施していくという。

さらに同社では、同社元従業員に対する民事訴訟の手続きを進めてるという。

(Security NEXT - 2006/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定