Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で関係者のアドレスを流出 - 日本財団コミュニティサイト

日本財団は、同財団が運営する公益コミュニティサイト「CANPAN」において案内メールを送信する際、誤って他の受信者のアドレスが表示された状態で送信したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同サイトの運営事務局が7月25日に配信したイベント案内メール。2346件のメールを4つのブロックに分けて送信する際、アドレスを宛先に指定して送信したため、他の受信者のアドレスが表示された状態になったという。同財団では、誤送信の対象となった関係者に経緯説明と謝罪をしている。

(Security NEXT - 2006/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正