Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

株価操作を目的としたスパムが増加傾向 - ソフォスレポート

ソフォスは、2006年第2四半期のスパム発信国に関するレポートを発表した。

同レポートは、同社の調査機関「SophosLabs」が分析したもの。ワースト1は、アメリカで23.2%、中国(20.0%)、韓国(7.5%)と続いた。 国内のスパム発信は減少傾向にあり全世界中の1.6%で12位だった。

スパムの発信源は、botなど、不正に操作されているパソコンのため、同社では今回のスパムの減少を、セキュリティ対策が進んだ結果の現れではないかと分析している。

スパムの傾向としては、株価情報を流布することで株価操作を狙った「ポンプ&ダンプ詐欺」のスパムが前期の0.8%から15%に大幅に増加しているという。

(Security NEXT - 2006/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性