Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

株価操作を目的としたスパムが増加傾向 - ソフォスレポート

ソフォスは、2006年第2四半期のスパム発信国に関するレポートを発表した。

同レポートは、同社の調査機関「SophosLabs」が分析したもの。ワースト1は、アメリカで23.2%、中国(20.0%)、韓国(7.5%)と続いた。 国内のスパム発信は減少傾向にあり全世界中の1.6%で12位だった。

スパムの発信源は、botなど、不正に操作されているパソコンのため、同社では今回のスパムの減少を、セキュリティ対策が進んだ結果の現れではないかと分析している。

スパムの傾向としては、株価情報を流布することで株価操作を狙った「ポンプ&ダンプ詐欺」のスパムが前期の0.8%から15%に大幅に増加しているという。

(Security NEXT - 2006/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース