Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

株価操作を目的としたスパムが増加傾向 - ソフォスレポート

ソフォスは、2006年第2四半期のスパム発信国に関するレポートを発表した。

同レポートは、同社の調査機関「SophosLabs」が分析したもの。ワースト1は、アメリカで23.2%、中国(20.0%)、韓国(7.5%)と続いた。 国内のスパム発信は減少傾向にあり全世界中の1.6%で12位だった。

スパムの発信源は、botなど、不正に操作されているパソコンのため、同社では今回のスパムの減少を、セキュリティ対策が進んだ結果の現れではないかと分析している。

スパムの傾向としては、株価情報を流布することで株価操作を狙った「ポンプ&ダンプ詐欺」のスパムが前期の0.8%から15%に大幅に増加しているという。

(Security NEXT - 2006/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正