Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査対象サイトの約8割に情報漏洩の可能性 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、2005年度に実施したウェブサイトのセキュリティ診断結果を発表した。

同社では、2005年4月1日から2006年3月31日の間に、企業および官公庁の167のウェブサイトを対象に、セキュリティ診断サービスを提供した。

その結果をまとめたレポートによると、診断を実施したサイトの50%に、個人情報などの機密情報へ不正アクセスできる致命的な欠陥が見つかった。また、29%のサイトで情報漏洩に繋がる可能性があり、合わせると79%に上る。危険度の高い問題は発見されなかったサイトは全体の21%にとどまった。

不正アクセスできたサイトを問題別に見てみると、「SQLインジェクションによるデータベースの不正操作」が35%で最も多く、次いで「関連チェック不足によるなりすまし」が30%、「権限昇格による管理者機能へのアクセス」が22%となっている。

同社では、これらの問題を解決するためには専門家によるセキュリティ診断を定期的に実施し、データベースのセキュリティ強化、およびサイト運用体制の強化といった対策が必要だとしている。

(Security NEXT - 2006/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ