Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査対象サイトの約8割に情報漏洩の可能性 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、2005年度に実施したウェブサイトのセキュリティ診断結果を発表した。

同社では、2005年4月1日から2006年3月31日の間に、企業および官公庁の167のウェブサイトを対象に、セキュリティ診断サービスを提供した。

その結果をまとめたレポートによると、診断を実施したサイトの50%に、個人情報などの機密情報へ不正アクセスできる致命的な欠陥が見つかった。また、29%のサイトで情報漏洩に繋がる可能性があり、合わせると79%に上る。危険度の高い問題は発見されなかったサイトは全体の21%にとどまった。

不正アクセスできたサイトを問題別に見てみると、「SQLインジェクションによるデータベースの不正操作」が35%で最も多く、次いで「関連チェック不足によるなりすまし」が30%、「権限昇格による管理者機能へのアクセス」が22%となっている。

同社では、これらの問題を解決するためには専門家によるセキュリティ診断を定期的に実施し、データベースのセキュリティ強化、およびサイト運用体制の強化といった対策が必要だとしている。

(Security NEXT - 2006/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生