Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトら、システムの不具合解析ツールを無償提供

マイクロソフトは、障害発生時に不具合を解析する技術者向けツール「Microsoft Support Professionals Toolkit for Windows 8.1」を提供すると発表した。

同ツールは、従来は高いスキルが求められた障害の原因究明作業を効率的にサポートを支援する技術者向けツール。マイクロソフトとNTTデータ、東芝、日本ユニシス、日立製作所、富士通など大手ITベンダー5社が協同で開発した。Windows Server 2003およびMicrosoft Windows 2000 Serverにも対応している。

ユーザーモードで動作するアプリケーションのトラブルを分析する「User Mode Process Dumper Version 8.1」および、デスクトップヒープの残量を確認する「Desktop Heap Monitor Version 8.1」の機能を強化。いずれも8月8日よりマイクロソフト ダウンロード センターにて無償提供を開始する。

また、あらたに32bit、64bit カーネルダンプファイルを解析する「Kernel Memory Space Analyzer」を開発。8月下旬にマイクロソフトのウェブサイトで無償提供を開始する予定。いずれも最新版では、従来のx86、x64、Itaniumに加え、デュアルコア インテルItanium 2プロセッサに対応。

(Security NEXT - 2006/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず