Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報223件がShareを介して流出 - NHK大阪放送局

NHK大阪放送局は、堺営業センターの地域スタッフの私用パソコンがウイルスに感染し、顧客情報223件がファイル交換ソフト「Share」を介して流出したことを明らかにした。

流出したのは、同スタッフが2004年8月に対応した堺営業センター管内の顧客情報223件で、氏名、住所の一部が含まれる。同スタッフは、業務目的でデータを持ち帰り、自宅のパソコンへ入力。しかしパソコンがウイルスに感染しており、Shareを介して流出したものと見られている。

同局では、流出の対象となった顧客を直接訪問して、事実説明と謝罪をするとしている。NHKでは、私用パソコンへの個人情報保存を禁止していた。今後は内規を全職員、地域スタッフに徹底し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース