Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関電不動産、メール誤送信で顧客のアドレス136件を流出

関電不動産は、7月6日に顧客向けの案内メールを送信した際、誤って送信先の136名全員のメールアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社の「マンションクラブ」会員向けに送られた事業案内メール。誤操作により、送信先136名全員のアドレスが表示された状態で送られた。誤送信の判明後、送信先に謝罪し、同メールの削除を依頼した。

同社では今後、メール送信の際のチェック体制を強化するとともに、個人情報の厳正な取り扱いを指導徹底して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も