Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山田建設、分譲マンションの顧客314名分の個人情報がWinny流出

山田建設は、元社員の私用パソコンがウイルスに感染し、分譲マンションの顧客314名の個人情報を含む業務データが、Winnyを介して流出したと発表した。

流出したのは、マンション分譲販売に関する業務データの一部。顧客314名分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。2006年2月に退職した元社員が、同年1月に物件の販売に関する社内データを持ち帰り、自宅のパソコンに保存。ウイルスに感染したことにより、Winnyを介して流出したと見られている。

同社では、該当する顧客に対して報告と謝罪をした。不正利用などが発生した場合は、弁護士や専門家と協力して対応したいとしている。今後は、業務データの外部持ち出し禁止を再徹底するなど、情報管理体制を強化して再発防止に努めるという。

(Security NEXT - 2006/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正