Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士重工業、スバル販売店の顧客情報など記載の資料が盗難に

富士重工業は、7月8日に社員が電車内で盗難に遭い、個人情報が記録されたパソコンや紙資料などが盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、一部のスバル販売特約店における顧客情報で、紙資料188件および電子データが11件。顧客の氏名、住所、電話番号、車両情報などが含まれている。また、スバル販売特約店従業員の氏名、業務情報など19件のほか、同社従業員に関する電子データ35件も含まれていた。

電車で移動中、鞄ごと盗まれたと見られている。同社では該当する顧客に対して、報告と謝罪をしている。パソコンについては暗号化などセキュリティ対策を講じていたとしており、電子データが流出する可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県