Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなホールディングス、りそな銀行と近畿大阪銀行の顧客情報紛失を発表

りそな銀行と近畿大阪銀行において、顧客情報が記録されたマイクロフィルムや書類などの紛失が判明した。

りそなホールディングスの発表によれば、りそな銀行の43支店において、顧客情報が記録されたマイクロフィルム「コムフィッシュ」の紛失が判明した。記録されていたのは、顧客計17万1612名分の氏名、口座番号、預金残高、貸出金残高、取引日など。

また近畿大阪銀行では、132支店において、顧客3340名分の氏名、住所、電話番号、口座番号などが記載された印鑑届の紛失が判明。さらに43支店では顧客110名分の氏名、住所、電話番号、勤務先などが記載されたカードローン契約書の紛失が明らかになった。

いずれも、店舗の統廃合時に誤って廃棄した可能性が高いとしている。両行では今後、再発防止に向けて顧客情報の管理を再徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化