Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなホールディングス、りそな銀行と近畿大阪銀行の顧客情報紛失を発表

りそな銀行と近畿大阪銀行において、顧客情報が記録されたマイクロフィルムや書類などの紛失が判明した。

りそなホールディングスの発表によれば、りそな銀行の43支店において、顧客情報が記録されたマイクロフィルム「コムフィッシュ」の紛失が判明した。記録されていたのは、顧客計17万1612名分の氏名、口座番号、預金残高、貸出金残高、取引日など。

また近畿大阪銀行では、132支店において、顧客3340名分の氏名、住所、電話番号、口座番号などが記載された印鑑届の紛失が判明。さらに43支店では顧客110名分の氏名、住所、電話番号、勤務先などが記載されたカードローン契約書の紛失が明らかになった。

いずれも、店舗の統廃合時に誤って廃棄した可能性が高いとしている。両行では今後、再発防止に向けて顧客情報の管理を再徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ