Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ShaCa for OCN」に不具合が発生し顧客情報流出

オークションサイト「ShaCa for OCN」の一部利用者情報が7月4日に流出し、同サイトを運営しているヒューマンエージェントでは、同サイトの提供を中止した。

同サイトの接続システムに不具合が発生し、ログイン時に関係ない他会員の個人情報が表示されてしまったもの。流出したのは、14名分の個人情報で、名前、住所、連絡先電話番号、入札済情報などが含まれる。また、同社では他の101件についても流出の危険があったとしている。

同社では発覚後、同サイトの新規会員の登録の停止やデータベースへの接続などを中止。さらに7月7日に、サービス再開は不可能として同サイトでのサービスそのものを停止した。

同社では、流出した顧客へ謝罪のメールを送付した。他ISPのサービスや携帯向けサービスでは同様の不具合はなかったことを確認したという。

(Security NEXT - 2006/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定