Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ShaCa for OCN」に不具合が発生し顧客情報流出

オークションサイト「ShaCa for OCN」の一部利用者情報が7月4日に流出し、同サイトを運営しているヒューマンエージェントでは、同サイトの提供を中止した。

同サイトの接続システムに不具合が発生し、ログイン時に関係ない他会員の個人情報が表示されてしまったもの。流出したのは、14名分の個人情報で、名前、住所、連絡先電話番号、入札済情報などが含まれる。また、同社では他の101件についても流出の危険があったとしている。

同社では発覚後、同サイトの新規会員の登録の停止やデータベースへの接続などを中止。さらに7月7日に、サービス再開は不可能として同サイトでのサービスそのものを停止した。

同社では、流出した顧客へ謝罪のメールを送付した。他ISPのサービスや携帯向けサービスでは同様の不具合はなかったことを確認したという。

(Security NEXT - 2006/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース