Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社会保険庁、4月から6月に発生した事務処理ミスを発表 - 個人情報流出は2件

社会保険庁は、4月から6月の間に、社会保険業務センターにおいて発生した事務処理ミスを公表した。個人情報漏洩は2件あったという。

同発表によれば、4月12日に年金見込み額の試算依頼者に対して送られる「年金見込額試算のお知らせ」が誤って別人に送付されていたことが、誤送付先からの指摘で判明した。

誤送付の原因は、書類を封入する際、誤って2人分を一緒に封入したためとしている。同センターでは、誤送付先から書類を回収して、正しい送付先に渡して謝罪した。

また6月22日には、個人情報が記載された書類を同センターから豊中社会保険事務所へファックス送信する際、誤って関係ない第三者へ送ったという。誤送信先からの連絡で判明した。原因はファックス番号の入力ミスで、着信先への確認もしていなかった。同センターでは、誤送信先および情報流出の対象者の自宅を訪問し、謝罪したとしている。

同センターでは、書類を封入する際は複数の者が確認をする、また個人情報のファックス送信は緊急時にのみ限定するなどの再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず