Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郡山信金の顧客情報、田村市の委託業者が運搬中に飛散させ一時紛失

郡山信用金庫は、顧客情報を含む書類の廃棄を委託した委託先において書類が飛散する事故が発生したと発表した。

同庫によれば、不要となった業務書類を廃棄する際、田村市船引清掃センターへ焼却を依頼しているが、同センターから処理を行う田村西部環境センターに運搬する際、運搬委託業者がコンテナから書類の一部を飛散させて紛失したという。コンテナの内部に積み上げた書類が振動でずれて、シートの隙間から飛び散ったという。

紛失したのは、船引支店で不要となった業務書類で、個人情報が含まれていた。ただちに同金庫や田村市の職員が運搬ルートの捜索を実施した。同庫では、飛散した書類は回収しており二次流出の可能性については否定している。

(Security NEXT - 2006/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク