Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティイベント登録者情報を誤って第三者提供

2006年4月に開催されたセキュリティイベント「RSA Conference Japan 2006」の一部登録者情報が、本人の許可なく誤って第三者へ提供されていたことがわかった。

主催したCMPテクノロジージャパンによれば、同カンファレンス基調講演の聴講者情報662名分を、本人の許可を得ずに誤って協賛企業へ提供してしまったという。

同社ではウェブサイトで登録申し込みを実施し、個人情報取得する際、但し書きに一部表記の漏れがあり、協賛企業へ情報を提供することが案内されていなかったという。

誤って提供された個人情報は、登録者の勤め先情報など。同社では、提供した企業へ連絡し、データを回収した上で削除した。また、監督官庁である経済産業省へ事故を報告している。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE