Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

浦幌町関係者の個人情報入りPCが業務委託先で盗難被害

北海道浦幌町役場職員や町民の個人情報371件が保存されたパソコンが業務委託先から盗まれたことがわかった。

業務を受託していた大丸藤井が盗難被害にあったもの。同社によれば7月1日に同社社員の自宅が空き巣被害に遭い、浦幌町役場から管理を委託された役場職員および町民の個人情報371件が保存された業務用パソコンが何者かによって持ち去られたという。

業務資料が保存されており、浦幌町役場から管理を委託された役場職員および町民の個人情報371件が含まれていた。

同社員は、浦幌町への出張後いったん事務所に戻ったが、施錠されていたためやむなくパソコンを自宅に持ち帰り、その翌日自宅から盗まれた。同パソコンには複数のパスワードが設定されているという。

同社では、今年の4月にもWinnyを介した個人情報の流出事故が発生。その後、情報漏洩対策を進めていたが、対策が徹底されてなかった。今後は社員教育や、業務データの暗号化など、再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁