Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、Winnyを起動した痕跡だけでも隔離できる検疫ソリューション

京セラコミュニケーションシステムは、クライアントPC検疫ソリューション「NET BUREAU POLICY ENFORCER」にWinny対策機能を追加、7月10日より発売する。

同製品は、セキュリティポリシーを満たさないパソコンが社内ネットワークに接続するのを防止する検疫ソリューション。今回、あらたにWinny対策機能が追加された。

Winnyを起動した痕跡のあるパソコンをネットワークから隔離でき、すでに接続しているパソコンがWinnyを起動した場合も、ただちに検知してネットワークから切断する。月ごとに提出されるレポートにより、管理者はセキュリティポリシーの遵守状況やポリシー違反者を把握することができる。利用料金は1ID当たり980円。初期登録費用が別途必要となる。

(Security NEXT - 2006/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」