Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、Winnyを起動した痕跡だけでも隔離できる検疫ソリューション

京セラコミュニケーションシステムは、クライアントPC検疫ソリューション「NET BUREAU POLICY ENFORCER」にWinny対策機能を追加、7月10日より発売する。

同製品は、セキュリティポリシーを満たさないパソコンが社内ネットワークに接続するのを防止する検疫ソリューション。今回、あらたにWinny対策機能が追加された。

Winnyを起動した痕跡のあるパソコンをネットワークから隔離でき、すでに接続しているパソコンがWinnyを起動した場合も、ただちに検知してネットワークから切断する。月ごとに提出されるレポートにより、管理者はセキュリティポリシーの遵守状況やポリシー違反者を把握することができる。利用料金は1ID当たり980円。初期登録費用が別途必要となる。

(Security NEXT - 2006/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ