Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、データベースセキュリティアプライアンス「SQL Guard」を発売

伊藤忠テクノサイエンスは、米Guardiumのデータベースセキュリティ製品「SQL Guard」を7月4日より発売する。価格は500万円から。

同製品は、データベースのアクセスログを管理、分析でき、事故時の原因究明や企業監査などを支援するセキュリティアプライアンス。不正アクセスなどが発生した際にアクセスの拒否やアラートを出すといった設定が行える。

稼働中のシステムでもシステムを停止せずに導入することが可能。ネットワーク上のパケットを分析するため、データベースに負荷をかけずにデータを解析できる。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出