Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、データベースセキュリティアプライアンス「SQL Guard」を発売

伊藤忠テクノサイエンスは、米Guardiumのデータベースセキュリティ製品「SQL Guard」を7月4日より発売する。価格は500万円から。

同製品は、データベースのアクセスログを管理、分析でき、事故時の原因究明や企業監査などを支援するセキュリティアプライアンス。不正アクセスなどが発生した際にアクセスの拒否やアラートを出すといった設定が行える。

稼働中のシステムでもシステムを停止せずに導入することが可能。ネットワーク上のパケットを分析するため、データベースに負荷をかけずにデータを解析できる。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ