Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

南海放送、通販サイト顧客15名のアドレスを誤送信で流出

南海放送は、同社などが運営する通販サイトからの注文確認メールを誤送信し、顧客15名分のアドレスが別の顧客19名に送られたことを明らかにした。

同社によれば、6月28日に通販サイト「極選!e-ひめ市」で商品を注文した顧客14名に対し、共同運営業者の担当者が注文確認メールを送信した際、誤って「BCC」欄に以前別の商品を購入した顧客19名分のアドレスを記載して送った。その後の調査で、5月10日にも1名のアドレスを同じ19名に誤送信していたことがわかった。

今回の誤送信は、顧客からの指摘により判明したという。同社では、流出の対象となった15名と誤送信を受けた19名に対し、報告と謝罪のメールを送信した。今後は個人情報保護の強化と社員教育の再徹底を実施して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送