Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの34%がパスワード管理不備 - IPA

IPAは、6月のウイルス検出状況や不正アクセスの届出状況を発表した。また、「今月の呼びかけ」としてパスワード管理を取り上げている。

今月のウイルス検出数は、約164万個で前月より7.9%減少した。届出件数についても3547件と2.8%の減少を記録。

検出したウイルスは、「Netsky」が約133万個と先月に引き続きトップ。「Mytob(約14万個)」「Bagle(約7万個)」が続いた。また、ウイルスに感染したとメッセージを表示し、対応を迫るマルウェアに関する相談は5月の41件から減少しているものの、24件が寄せられたという。

不正アクセスの届出件数は22件で、被害は件数は20件と大きく増加。侵入が12件でもっとも多く、ワーム感染4件が続いた。不正アクセスに関連した相談件数についても、32件で何らかの被害のあった件数は19件と増加している。

同機構では、「今月の呼びかけ」として、今月はパスワードの管理にスポットをあてている。2006年上半期に発生した不正アクセスの約34%にIDやパスワードの設定に不備があったとして、適切なパスワードの設定をするよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2006/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大