Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で顧客情報240件を流出 - 住友林業子会社

住友林業は、6月20日に子会社のスミリン建設が、顧客情報240件が記載された顧客管理データをメール送信した際、宛先を誤って送ったことを明らかにした。

誤送信したのは、着工予定29件、工事中162件、および引渡し済み49件の、計240件の顧客管理データ。顧客の氏名、建築地住所、商品内容、工程管理表などが記載されていた。同社および関係会社では、無許可で大量の顧客データを送信することは禁止されていたという。

同社では、該当する顧客に対し個別に連絡して報告と謝罪をしている。今後は、個人情報の取り扱いに関する指導を強化して、再発防止に向けた業務改善を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委