Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で顧客情報240件を流出 - 住友林業子会社

住友林業は、6月20日に子会社のスミリン建設が、顧客情報240件が記載された顧客管理データをメール送信した際、宛先を誤って送ったことを明らかにした。

誤送信したのは、着工予定29件、工事中162件、および引渡し済み49件の、計240件の顧客管理データ。顧客の氏名、建築地住所、商品内容、工程管理表などが記載されていた。同社および関係会社では、無許可で大量の顧客データを送信することは禁止されていたという。

同社では、該当する顧客に対し個別に連絡して報告と謝罪をしている。今後は、個人情報の取り扱いに関する指導を強化して、再発防止に向けた業務改善を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避