Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「HDE Mail Filter 3」の新バージョンが登場

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、メールセキュリティソリューション「HDE Mail Filter 3」シリーズを7月より順次発売する。

同製品は、メール経由の情報漏洩防止や送受信内容の保存を行うソフトウェア。ゲートウェイアーカイブサーバーの複数台構成に対応しているほか、柔軟に管理者を設定できる「マルチアドミン機能」を搭載している。

今回発表されたバージョンでは、メールの内容が改ざんされていないことを証明できる「アーカイブメールの非改ざん証明機能」を装備。フィルターの多階層化に対応したほか、事故発生時に管理者の不正やミスなど原因調査に役立つ「管理者操作ログ機能」などが追加されている。

(Security NEXT - 2006/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市