Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AOSテクノロジーズ、データ抹消ソフト2種を発売

AOSテクノロジーズは、データ抹消ソフト「ターミネータ2006 データ完全抹消」および「ターミネータ2006 データ選択抹消」を、7月7日より発売する。

「ターミネータ2006 データ完全抹消」は、OSを含むハードディスク全体を完全に抹消するもの。作業中にCD-ROMを取り出せるため、複数のPCで同時に抹消作業が行える。また、USB接続のハードディスクやキーボードにも対応。さらに消去したいハードディスクを選択できるほか、作業完了後には抹消状況のレポートを表示する。

「ターミネータ2006 データ選択抹消」は、消去したいファイルだけを選択して抹消するソフトウェア。ごみ箱から削除したファイルも、完全に抹消する。また、削除したOutlookメールの抹消機能や、スケジュールを設定して自動で抹消する機能なども搭載された。

標準価格はいずれも8190円。また、両製品をセットにした「ターミネータ2006 特別抹消セット版」が1万290円で発売される。

(Security NEXT - 2006/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避