Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州電力の火力発電所資料がWinny流出

九州電力の子会社である西日本プラント工業社員の私用パソコンがウイルスに感染し、九州電力苅田発電所の点検作業手順書がWinnyネットワーク上に流出したことがわかった。

流出したのは、同社が受託していた同発電所の大型モーター用スイッチの点検作業手順に関する資料。個人情報や機密情報などは含まれていなかった。流出時期は2006年1月ごろと見られている。

流出の原因は、同社員が社内でUSBメモリを使用際に業務データが誤って混入し、持ち帰って自宅のパソコンで使用したことから流出につながったと見られている。

同社では2006年4月にも原子力発電所の関連資料がWinnyへ流出する事故が発生しており、ファイル交換ソフトの削除や、個人パソコン内にある業務データの削除などの再発防止策を進めているという。

(Security NEXT - 2006/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割