Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セガトイズ、メール誤送信で顧客のアドレス約1万2000件を流出

セガトイズの顧客メールアドレス1万2639件の流出が明らかになった。アンケートメール送信時に操作ミスあり、他の受信者のアドレスが閲覧できる状態で送ってしまったもの。

誤送信が発生したのは、「お茶犬アンケートのお願い060612」と題して顧客に送られたメール。宛先に「BCC」を利用せず、「CC」に記入していた。さらに、誤送信判明後、「メッセージの取り消し」を試みたが、顧客に同様のメールを再度送信する結果になったという。

同社では、アンケートメールの配信を一時停止してメールシステムの見直しを図るとともに、個人情報の取り扱いに関する教育を再度徹底して再発の防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県