Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都大学、博物館展示室で個人情報記載の展示資料を紛失

京都大学が、6月9日に同大学の総合博物館で開催されている企画展で、資料として展示されていた1001名分の名刺のコピー冊子を紛失したことがわかった。盗難の可能性が高いという。

所在が不明となっているのは、同大学の総合博物館で開催中の企画展「コンピュータに感覚を」で展示されていた名刺1001名分のコピー。同大学の名誉教授が在学中に受け取ったもので、資料として展示していた。名刺は最も新しいもので1985年当時のものだが、そのうち36件には自宅の住所が含まれていたという。

展示室内で、「名刺読み取り装置」を体験できるコーナーに置いてあったが、閉館後に紛失していることが判明。同大学では盗難の可能性が高いとして、今後は展示方法や監視体制を見直して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県