Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都大学、博物館展示室で個人情報記載の展示資料を紛失

京都大学が、6月9日に同大学の総合博物館で開催されている企画展で、資料として展示されていた1001名分の名刺のコピー冊子を紛失したことがわかった。盗難の可能性が高いという。

所在が不明となっているのは、同大学の総合博物館で開催中の企画展「コンピュータに感覚を」で展示されていた名刺1001名分のコピー。同大学の名誉教授が在学中に受け取ったもので、資料として展示していた。名刺は最も新しいもので1985年当時のものだが、そのうち36件には自宅の住所が含まれていたという。

展示室内で、「名刺読み取り装置」を体験できるコーナーに置いてあったが、閉館後に紛失していることが判明。同大学では盗難の可能性が高いとして、今後は展示方法や監視体制を見直して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性