Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カオスウェアとセキュアイーサが提携 - VPNを活用した暗号化ソリューション開発へ

カオスウェアとセキュアイーサ・マーケティングは、レイヤ2VPNを活用したセキュリティソリューションの事業展開において提携すると発表した。

両社は、カオスウェアのノウハウであるカオス暗号化技術により、ノートブックPCに保存された特定フォルダを暗号化する「CIPHERON Mobile(仮称)」を開発、市場開拓など展開を図る。

暗号化されたフォルダの復号化には、三菱マテリアルが今秋提供を開始する予定のVPNソフトウェア「L2Connect」を経由し、サーバと接続する必要があるため、紛失時もサーバの接続拒否により復号を防止することが可能だという。

(Security NEXT - 2006/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も