Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損保ジャパン、損保12社約1万2000名の顧客情報を社内で紛失

損保会社12社の保険契約情報1万1950件を保存したUSBメモリが、損害保険ジャパン社内で所在不明となっていることが明らかになった。

損害保険ジャパンによれば、所在が不明となっているメモリには、大分県の代理店で扱った保険契約に関する情報が保存されており、契約者の氏名、住所、電話番号、保険会社名、保険満期日、保険料などが含まれていた。

記録されている顧客数は1万1950名分でそのうち損保ジャパンの顧客は4382名。そのほか、東京海上日動火災保険をはじめ、損保11社の顧客情報も含まれていた。

4月25日に代理店でシステムトラブルが発生し、原因調査のため同社大分総合支店より関連会社に社内便経由でメモリを送付。しかし、5月17日になっても届かず、紛失が判明したという。同社では、他の貨物と紛れない専用便を利用しており、社外へ流出した可能性は低いとしている。

同社では該当する顧客に対し、書面で謝罪、今後の対応についても説明している。同社は再発防止に向けて、データ授受や移送の際のルールを厳格化して、顧客情報の管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍